カテゴリー別アーカイブ: 美容

美肌に効果的な6つの美容成分

美容によいとされる代表的な成分は6つあります。まず、美肌成分の王様と言われるビタミンCは、抗酸化作用があり、メラニン生成の抑制効果も期待できますので、コラーゲンと同時に摂取するとより一層効果を発揮します。


コラーゲン繊維は、表皮の内側にあり皮膚を形成している、真皮の網目構造を作って形成しており、コラーゲンは、いわば肌の基礎となる物質です。

ただし、コラーゲンは飲めば肌のコラーゲンを補えるものではありません。摂取することによって、体内でアミノ酸に分解され、肌に必要なコラーゲンの原料となります。


エラスチンは、コラーゲン線維同士を結びつけて真皮を形成している、弾性線維ともよばれるたんぱく質です。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみの予防に役立ちます。


ヒアルロン酸は、真皮の60~80%を占める水分を抱え込む役割を果たしており、肌の内側にうるおいと柔軟性をもたらします。


プラセンタは、豚や動物の胎盤から抽出されるアミノ酸やタンパク質など含む美容成分です。美肌をサポートする成長因子が豊富で、美容全般に効果が期待できるため、エイジングケアや肌トラブルのサポートとして注目されております。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分で、ホルモンのサポートや抗酸化作用かあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸の生成においても活躍します。


噂の【美容&コスメ】グッズで、美容の悩みを解消♪

体験エステを利用する場合の心構え

無料あるいは格安で体験をするにあたっては、それなりの覚悟が必要です。エステサロンが体験エステを実施しているのは、サービスをお試しで体験してもらい、その後のエステコースの契約につなげるために実施しているところがほとんどです。
無料とか格安で体験できるからと、あまり考えずに安易に申し込み、その後のエステ コースを勧められてなかなか帰ることが出来なかったなどと言う話は、よく聞く話です。
たしかに、体験エステプを上手く利用すれば、サービス内容が自分に合っているか確かめる事ができ、施術が自分に合っていてもっと続けたいと思った時には、大変お得な体験をしたことになるでしょう。
しかしその場合でも、自分には合わなかった場合のために、その後のエステコースの契約を勧められた場合の断り文句を、事前に準備しておいた方が良いようです。
また、友人や知り合いが勤務しているエステがあるならば、それを利用するという方法もあります。友人や知り合いなら、しつこい営業をされることもないと思いますし、その場でエステ契約をしなくても「こちらからまた連絡します」と断って帰ることが出来そうですよね。
「エステティック ミスパリ」

便秘とニキビ

便秘になると便が長期間腸に溜まっている状態が続くために、腸内環境が乱れ 悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して作り出すインドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。
インドールやスカトールが血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因となり、さらには、肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能を低下させてしまいます。
便秘を改善するには、
■無理なダイエットをしない
便秘を改善するには無理なダイエットは禁物です。 ダイエットは食べる量を制限する為、便になる材料が不足するので便秘改善には良くないからです。
■食物繊維の多い食事をする
食物繊維は便の量を増やし、腸内の善玉菌を増やすので 便秘改善にはたくさん採りたいものです。
食物繊維を多く含む食品は
・さつまいもや里芋などのイモ類
• 大豆やあづきなどの豆類
• ごぼうやニンジン、キャベツなどの緑黄色野菜
• しいたけやしめじなどのきのこ類
• りんごやミカンなどの果物
• 昆布やわかめなどの海藻類です。
但し、海藻類はニキビの原因にもなるので食べ過ぎには注意してください。
■ストレスを溜めない
ストレスは下痢や便秘の原因になります。自分に合った解消法を見つけ、ストレスを溜めない工夫をしましょう。
■適度な運動
運動は腸のぜん動運動を活発にするので便秘を改善するには有効です。 運動はストレスの解消にも繋がるのでオススメな便秘解消法です。
■お腹のマッサージ
便秘にはお腹のマッサージも効果的です。 便秘に効くマッサージはオヘソを中心にして時計回りにやさしくグルグルと20回を目安にマッサージしてください。
手が冷たいとお腹を冷やすので、マッサージの前には 手を擦り合わせて暖めておくと良いでしょう。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!

男性と女性の薄毛・抜け毛の違い

薄毛や抜け毛に対する悩みは、男性だけに限ったものではありません。2011年の秋にはヘアサロンの女性利用数が前年比1.5倍になるなど、髪と頭皮についての悩みは男女共通のものになってきております。
あまり薄毛についての悩みが無さそうな20代~30代の女性でも、悩みを抱えている方が少なくありません。これは、生活習慣の乱れなどが原因とされており、働く女性に多いストレスなどが関係していると考えられています。
男性の薄毛は一般的に、毛髪自体が細くなっていくというものですが、女性の薄毛は髪の数が減っていく傾向にあります。
また、男性の場合は部分的に脱毛が見られ、脱毛部の形によってM型・O型などと言われますが、女性の薄毛は頭部の比較的広い範囲でボリュームダウンが起こる、いわゆる「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状です。
これは加齢などによって毛母細胞の活動が弱くなり、通常であれば一つの毛穴から何本も生えている毛髪が減ってしまう事で起こります。
さらに、髪自体が細くなりハリやコシも失われることで、全体的なボリュームダウンを感じる原因となっています。
特に50代以上の女性では、これから成長していく毛髪の割合が減少し、抜け毛が増える事で髪全体の本数が減ってしまうのです。
このように男女の薄毛は原因もタイプも違います。そのため、男性用の育毛剤を女性が使用しても効果はありません。最近では男女兼用の育毛剤も多くなっています。
育毛比較ナビ【育毛サロン・育毛剤】などで薄毛の悩みを解消♪

シミに良い食べ物 

シミは出ている場所によって原因が違います。したがって、その原因を和らげたり取り除いてあげれば改善が期待できますよ。
■ストレス性のシミ
ストレス性のシミは額と頬の中心辺りに出来ます。まずはストレスの原因を取り除いてあげましょう。食物としてはストレス軽減に効果的なのはビタミンCです。ビタミンCは果物や野菜などに含まれていますが、特に夏野菜に多いです。トマトやキュウリなど旬の野菜を摂取しましょう。
■内臓トラブルからのシミ
内臓トラブルとしては、腎臓が弱ると頬の外側に、肝臓が弱ると眉間のあたりにシミが出来ます。飲酒や塩分を控えるとともに、タウリンが有効ですので貝類やイカやタコを摂取しましょう。
■ ホルモンバランスの乱れから来るシミ
加齢などで女性ホルモンが衰えると、眉毛の上のシミや目尻の黒ずみが出来ます。
これを改善するには、女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンを多く含んでいる豆腐や豆乳、納豆などを摂取しましょう。また、ピーナッツなどのナッツ類はホルモンバランスを整えるので適度に摂取すると良いです。

「ホワイトニングリフトケアジェル」でシミなどの肌の悩みを解決♪