カテゴリー別アーカイブ: 食品

症状に応じた食事宅配サービス選び

■糖尿病

糖尿病や糖尿病予備軍の人にとって大切なのは、エネルギーを摂り過ぎず、三大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質のバランスを調整することです。

このため、カロリー制限食を扱っている宅配食サービスを選びましょう。

■腎臓病

腎臓病の食事療法は、1日のたんぱく質の制限量や塩分、カロリーの摂取目安なども細かく決められております。 

腎臓病治療のポイントは、進行をできるだけ遅らせることと言われておりますが、食事で栄養状態をしっかりとコントロールをすればそれが可能と言われております。
医師と相談し、自身の症状に合った宅配食を選びましょう。


■高血圧・減塩が必要

塩分摂取量の目安には様々な基準がありますが、血圧の高い人では1日あたり5∼6g。健康な人であっても7∼8g未満が良いとされています。

プロの栄養士が監修した減塩食を選びましょう。


■高齢者

高齢になればなるほど、噛みにくさや飲み込みにくさで毎回の食事が大変と、食事にまつわるお悩みが増えてくるのが悩みの種です。

高齢者の方にも食べやすい、ちょうどいい柔らかさにこだわったご飯が食べられるか、
塩分も考慮したバランスのとれた食事が出来るかという観点から選ぶと良いでしょう。


■ダイエットをしたい

ダイエットのために利用する場合は、「糖質」と「カロリー」がポイントとなりますので、カロリー制限食を扱う食事宅配サービスを選びましょう。

「食事宅配サービス」比較

タラバガニの料理法

タラバガニは焼き、浜ゆで、ボイル、刺身、しゃぶしゃぶなど何でもおいしく食べられます。中でも、焼きタラバガニは簡単で美味しく、しかも、贅沢な気分を味わうことが出来ます。
そのコツは、焼き過ぎないようにすることです。焼きすぎると水分が全部飛んでしまって硬くなり、パサパサしてしまいます。また、焼いてからオリーブオイルを一振りすると、ワインにも合うイタリア風が楽しめます。
カニしゃぶは、脚だけをしゃぶしゃぶにするのでボリュームが大事です。鍋の中でふんわりほぐれてきたのを口いっぱいに頬張るとプリプリ感を存分に味わうことが出来ます。
タラバガニは、ドライカレーや炊き込みご飯にも合い ます。ドライカレーの材料は玉ねぎ、ピーマン、干しブドウ、カレー粉、ご飯、それに、茹でタラバガニのむき身です。カニは最後にサッと混ぜるのがコツです。
炊き込みご飯は、薄切り椎茸と茹でガニをほぐした身と薄口しょうゆを加えてご飯を炊き、イクラのしょうゆ漬けを混ぜて炊き込みます。
タラバガニはマヨネーズと相性がよいので、アボガドとマヨネーズを加えた手巻き寿司も意外な美味しさです。
『かにまみれ』のかに通販は【顧客満足91%超】「4特」のカニを産地直送♪

冷凍カニを解凍するコツ

通販で冷凍のカニを買ったらパサパサで、身も痩せていて最悪だったという嘆きは、良く聞く話です。
しかし、その原因をよくよく確かめると、届いてすぐ食べたかったから電子レンジで解凍したなんてことを・・・・・・・。これでは、どんなに新鮮なカニでもパサパサになってしまいます。
冷凍ガニは上手に解凍しないとパサパサして味のないカニカマのような、旨みのないモノになってしまうのです。
冷凍カニの大敵は、解凍スピード、多すぎる水、乾燥の3つです。
冷凍の時は「素早く凍らせる」ことが大事です。でも、解凍の時は「ゆっくり、無理なく溶かす」ことが大切です。
解凍の方法は、流水解凍、自然解凍、冷蔵解凍、どれでもいいのですが、急ぎの場合でも電子レンジや加熱は避けましょう。
急いで解凍したい場合は、流水解凍がベストです。カニをビニール袋に入れて、ボウルなどで水に浸し、水をちょろちょろくらいで流します。
この時、直接袋から出して水に浸すのはダメです。これでは、うまみが流れ出てしまうだけでなく、水分が多すぎてベチャベチャになってしまいます。
ある、程度流水で解凍できたら、厚手の吸水性のあるキッチンペーパーや新聞紙に包んで自然解凍します。
時間がある場合は、流水の部分を除いて冷蔵庫やキッチンでゆっくり解凍します。
この時も乾かないようにキッチンペーパーや新聞紙で包みましょう。
もう一つ、再冷凍は厳禁です。融けたものを再び冷凍すると確実に味が落ちます。
まとめ買いをした場合は、食べる分だけ解凍して、もし余ってしまったら、冷蔵庫に入れて次の日には食べてしまうようにしましよう。
北国からの贈り物は、人気No1の【カニ通販】です☆格安の「訳あり」カニもお勧め♪

滋養強壮の食料としてのタマネギ

タマネギは、昔から薬効のある野菜として知られています。古代エジプトでは、ピラミッド建設に従事した労働者たちにとって滋養強壮の食料として栽培されていたという記録もあるそうです。


また、ヨーロッパでも、長寿薬として、また発汗・殺菌・利尿剤などとして使われていたと言います。漢方でも、消化促進、咳や痰を鎮め、利尿などの効果があるとされています。


タマネギには、ビタミンB1、B2、C、カリウムなどの栄養素や、近年注目されている抗酸化成分が含まれています。


またタマネギには、フラクトオリゴ糖が多く含まれているため、炒めると甘味がでます。このオリゴ糖は腸内で善玉菌の働きを助け、便秘の予防・改善等、腸内環境を整える働きがあります。


そして、タマネギ独特の辛み成分である、硫化アリルは、代謝を促し疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を促す、また血行をよくするなどの作用があります。


タマネギの外皮は、黄色の色素であるケルセチンという成分を含んでいます。

このケルセチンは、ポリフェノールに属するフラボノイドの一種で、強い抗酸化作用があるため動脈硬化を防ぐ働きがあると言われていいます。


精力増強サプリ「ペプチア」はW特許&泌尿科専門医師監修