カテゴリー別アーカイブ: 健康

食事で更年期のケア

更年期になると、女性ホルモンの急激な減少の影響によって、さまざまな不快症状が現れることがあります。

同時に、エネルギー、脂質、骨の代謝が変化しすることによって、栄養が過剰あるいは欠乏状態になりやすくなり、これに伴って、心身の健康バランスをくずしやすくなります。

こうした症状を軽減するためには、更年期の女性に適した食事や食生活が必要となります。

よく。「○○さえ食べていれば更年期対策はバッチリ」なとど、魔法のような言葉だまされがちですが、健康に必要な栄養素を突き詰めていくと、結局は、「バランスのよい食事」が一番肝心であるという結論に行きつきます。

このため、自身の食生活が乱れていないかをまず確認することから始めましょう。

オススメなのが、ご飯、味噌汁に、魚料理、おひたし、煮物などを組み合わせた「和食」です。

また、1日1、2回は意識的して魚料理を取り入れるとともに、緑黄色野菜を使った副菜を、小鉢で昼夜1皿ずつ加えるとバランスもよくなります。

デザートには、皮ごと食べられるブルーベリーやリンゴなどをはじめ、栄養価の高い旬のフルーツを1日200gを目安に取り入れてみましょう。

特に、大豆食品を多く取り入れるよう心がけましょう。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されております。

また、大豆は、食物繊維やオリゴ糖も多く含んでおり、加齢に伴って乱れがちな腸内環境を整えてくれる上に、骨を強くするカルシウムも豊富に含まれております。


更年期サプリならコチラ

プラセンタの健康効果

■二日酔い


二日酔いは、肝機能が解毒可能な量を超えるアルコールを摂取する事によってアルコールの解毒が翌日にまで持ち越されることによって引き起こされる症状です。


プラセンタは元々、肝臓用の医薬品でしたから、二日酔いとも密接な関係があります。
プラセンタには、肝細胞を活性化させる作用があるため、肝機能の向上と共にアルコールの解毒がスムーズに行われるようになり、その結果、二日酔いしにくい体内環境を整えることができるのです。

■冷え性


女性のほとんどが「冷え性」であるといわれていますが、これは、女性は男性に比較して筋肉量が少なく、基礎代謝も低いため、根本的に体温を上げにくい体質を持っております。


中でも、1番多いのが、血管を収縮させて血行不良を引き起こす、ホルモンや自律神経バランスの乱れです。


ホルモンや自律神経のバランスが整っていれば、身体は自力で適切な体温を保とうと働きますが、プラセンタは、ホルモンや自律神経のバランスを正常に整えてくれる働きをします。


また、プラセンタには基礎代謝の向上や造血作用があり、バランスの取れた栄養素でもあることから、多様な方法で冷え性を改善してくれます。


■うつ病


うつ病や自律神経失調症などの精神疾患には、ホルモン治療や抗うつ剤での治療が主です。


これらを正常な状態へ戻すために、薬が処方されていますが、副作用や依存性という問題が常につきまといますし、長期間にわたる服用によって、薬の耐性という問題が発生します。


しかし、プラセンタには、耐性や依存性の危険性がなく、崩れたホルモンバランスや自律神経を正常な状態へと導く調整作用が備わっているため、うつ病への効果が期待されています。


■代謝をUP


私たちが生命を維持するための、必要最低限のエネルギー消費量である「基礎代謝」は、加齢と共に、少しずつ基礎代謝量が減少していきます。


基礎代謝の4割は筋肉で消費されますので、筋肉量が多いと、基礎代謝量も増大します。


プラセンタは、筋肉を作る材料の中で最も重要なアミノ酸の宝庫ですし、血行や呼吸の働きを高める作用もあるため、基礎代謝UPに役立ちます。


馬プラセンタでいつまでも若々しく♪

腸の構造と働き

腸は第2の脳(セカンドブレイン)とも呼ばれており、自律神経の支配下で、人の意志とは関係なく、自らの意思で24時間絶え間なく働いております。


腸の役割の一つは、栄養素を取り入れる窓口です。

人の消化器官は、口から肛門まで1本の管でつながっています。

我々が毎日食べる食べ物は、口から入っただけでは吸収されることはありません。

胃液や胆汁・膵液で分解され、その栄養素のほとんどは小腸で、また、水分は大腸で吸収されます。すなわち、腸から吸収されて初めて体内に入ったことになるのです。

腸の働きは、消化管を通して入ってくる栄養を吸収し有害な物質は排泄することにあります。

さらに、有害菌等が侵入すると、幾重にもなるバリアで、体内への進入を阻止するとともに、もし、体内に侵入されたらリンパ球が攻撃し人体を守ります。

このように、腸は栄養素を取り入れる窓口だけでなく、体内の入り口を守る関所ともいう働きをする極めて重要な器官なのです。

小腸は、全長約6~7mの長さで、十二指腸、空腸、回腸からなっております。

内部は無数のヒダに覆われており、およそ、2~4時間くらいで食べ物の消化・吸収を終えます。

大腸は、全長約1~1.5mほどの長さがあり、盲腸から始まり直腸までです。

神経細胞によって、内容物の固さを自動的に判断し、およそ24時間かけて排便に適した形状にして便を製造し、排泄作業が行われます。

もし、この機能がうまく作用しないと下痢や便秘になってしまいます。

腸活・腸育で【腸内フローラ】を整えて、身体の中からスッキリ・クビレの美ボディ♪

眼精疲労の改善に効果が期待される成分

一日中、パソンコンの前で仕事をしていると目が疲れショボショボしてきます。また、最近では、スマホの普及により、歩きながらでもスマホを見続けている人か多くおります。こうした人は、特に眼精疲労に注意が必要です。


断続的な眼精疲労や、目が乾いて痛いなどドライアイの症状に悩んでいる人は、「マルチカロチン」のサプリが良いと言われております。

天然のマルチカロチンには、「ルテイン」と呼ばれるカロテノイドが含まれており、このルテインは目の黄斑を構成している成分です。

疲れ目にはブルーベリーが良いと言われますが、それは、ブルーベリーには疲れ目を予防し改善させる「アントシアニン」という成分が含まれているからです。

しかし、アントシアニンはブルーベリーよりも「ビルベリー」という植物に多く含まれてお りますので、アントシアニンをより多く摂取したいのであれば、ビルベリーの方が良いかもしれません。

DHAは特にマグロや青魚に多く含まれており、集中力を高めるサプリとしてもよく知られておりますが、目の健康にも役立つと考えられています。

DHAは人間の目の網膜に多く含まれる成分ですから、摂取することによって網膜を守り、視力を高める働きをすると考えられているからです。


ベジパワープラスは【美容青汁】☆美容と便秘解消の総合健康飲料♪

アンチエイジングとエイジングケアの違いは

アンチエイジングとは、「アンチ」+「エイジング」、すなわち、加齢に伴う身体の機能的な衰え、老化を出来るだけ小さくすることです。
一方、エイジングケアは、「エイジング」+「ケア」で、年齢を手入れするという意味です。
基本的には、この2つにはそれほど大きな違いはありませんが、強いて言えば、アンチエイジングの方が、老化しないという意味合いが強いと言うことでしょう。
ただし、アンチエイジングという言葉を使えるのは医薬部外品のみで、化粧品には使えません。このため、化粧品の宣伝をするためにエイジングケアが使われようになったのです。
一般的に、女性は25歳が肌の曲がり角と言われておりますが、それでも、何もしない人と、きちんとケアする人との違いが出てきます。
つまり、エイジングケアとは、加齢によって変化している現在の肌や状態に応じて、化粧品等に認められた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるケアのことなのです。すなわち、「老化を防止する」のではありません。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪

靴と足の健康について

日本人は、一般的に自分の足の健康に無関心です。このため、外反母趾や扁平足、カカトのゆがみなど、全体の8割くらいの人が、足に何らかの障害を抱えていると言われております。
これによって、靴の履き心地が悪くなっているにもかかわらず、「靴が合わない」と決めつけて、自分の足に根本的な問題があることに気が付かない人が多いのです。
「足は全身を支配する」します。カカトの骨がゆがんでいると、膝や腰に負担がかかり、土踏まずも形成されにくく、 歩き方が変になり、からだの成長にも影響します。
近視や乱視の人が間違ったメガネをかけ続けると、ますます眼を悪くしてしまうのと同様に、足のゆがみに対してきちんと対処していない靴を履き続けると、かえって足を痛めることになります。 足だけでなく、膝や腰の痛みに発展する可能性もあるのです。
しかし、足のゆがみは素人目になかなか判断がつきません。足の健康に詳しい靴屋さんなどに見てもらい、 今、履いている靴に問題がないか、どんな靴が自分に合うのかなど、一度アドバイスを受けると良いでしょう。

シューズ通販ショップ

認知症とは

高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。
高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。

知的健康維持専用サプリ「ジオフェルンZ」

活性酸素と抗酸化作用

活性酸素は、年齢を問わず誰でも体内で生成されている物質で、細胞内で酸素を使って栄養分を燃やして栄養分をエネルギー変換するときに同時に生成されるため、呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。


活性酸素は「善玉」と「悪玉」の2つに区分され、悪玉活性酸素は、過剰に蓄積すると人間に害を及ぼします。

悪玉活性酸素は酸化力が非常に強いため、細胞や組織を酸化させます。酸化した細胞や組織は、働きの低下が起こり、場合によっては、細胞や組織が破壊されてしまうこともあります。

しかし、人間は活性酸素除去能力(抗酸化機能)を持っています。それは、活性酸素を除去する酵素「SOD酵素」が体内にあるのです。

こうした酵素の働きは年齢とともに低下して、40代になると急激に衰えはじめるのです。それは、20代の頃に比べると、「SOD酵素」の能力は50%以下まで低下すると言われています。

このため、40代は悪玉活性酸素の影響を受けやすく、細胞や組織の酸化による損傷や破壊により、ガンや生活習慣病、老化などが起こりやすくなるのです。

活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある物質は、水素以外にもポリフェノール、β-カロテン、ビタミンC、カテキンなどがあります。

「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度を実現したサプリです。

便秘とニキビ

便秘になると便が長期間腸に溜まっている状態が続くために、腸内環境が乱れ 悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して作り出すインドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。
インドールやスカトールが血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因となり、さらには、肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能を低下させてしまいます。
便秘を改善するには、
■無理なダイエットをしない
便秘を改善するには無理なダイエットは禁物です。 ダイエットは食べる量を制限する為、便になる材料が不足するので便秘改善には良くないからです。
■食物繊維の多い食事をする
食物繊維は便の量を増やし、腸内の善玉菌を増やすので 便秘改善にはたくさん採りたいものです。
食物繊維を多く含む食品は
・さつまいもや里芋などのイモ類
• 大豆やあづきなどの豆類
• ごぼうやニンジン、キャベツなどの緑黄色野菜
• しいたけやしめじなどのきのこ類
• りんごやミカンなどの果物
• 昆布やわかめなどの海藻類です。
但し、海藻類はニキビの原因にもなるので食べ過ぎには注意してください。
■ストレスを溜めない
ストレスは下痢や便秘の原因になります。自分に合った解消法を見つけ、ストレスを溜めない工夫をしましょう。
■適度な運動
運動は腸のぜん動運動を活発にするので便秘を改善するには有効です。 運動はストレスの解消にも繋がるのでオススメな便秘解消法です。
■お腹のマッサージ
便秘にはお腹のマッサージも効果的です。 便秘に効くマッサージはオヘソを中心にして時計回りにやさしくグルグルと20回を目安にマッサージしてください。
手が冷たいとお腹を冷やすので、マッサージの前には 手を擦り合わせて暖めておくと良いでしょう。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!