カテゴリー別アーカイブ: 健康

プラセンタの健康効果

■二日酔い


二日酔いは、肝機能が解毒可能な量を超えるアルコールを摂取する事によってアルコールの解毒が翌日にまで持ち越されることによって引き起こされる症状です。


プラセンタは元々、肝臓用の医薬品でしたから、二日酔いとも密接な関係があります。
プラセンタには、肝細胞を活性化させる作用があるため、肝機能の向上と共にアルコールの解毒がスムーズに行われるようになり、その結果、二日酔いしにくい体内環境を整えることができるのです。

■冷え性


女性のほとんどが「冷え性」であるといわれていますが、これは、女性は男性に比較して筋肉量が少なく、基礎代謝も低いため、根本的に体温を上げにくい体質を持っております。


中でも、1番多いのが、血管を収縮させて血行不良を引き起こす、ホルモンや自律神経バランスの乱れです。


ホルモンや自律神経のバランスが整っていれば、身体は自力で適切な体温を保とうと働きますが、プラセンタは、ホルモンや自律神経のバランスを正常に整えてくれる働きをします。


また、プラセンタには基礎代謝の向上や造血作用があり、バランスの取れた栄養素でもあることから、多様な方法で冷え性を改善してくれます。


■うつ病


うつ病や自律神経失調症などの精神疾患には、ホルモン治療や抗うつ剤での治療が主です。


これらを正常な状態へ戻すために、薬が処方されていますが、副作用や依存性という問題が常につきまといますし、長期間にわたる服用によって、薬の耐性という問題が発生します。


しかし、プラセンタには、耐性や依存性の危険性がなく、崩れたホルモンバランスや自律神経を正常な状態へと導く調整作用が備わっているため、うつ病への効果が期待されています。


■代謝をUP


私たちが生命を維持するための、必要最低限のエネルギー消費量である「基礎代謝」は、加齢と共に、少しずつ基礎代謝量が減少していきます。


基礎代謝の4割は筋肉で消費されますので、筋肉量が多いと、基礎代謝量も増大します。


プラセンタは、筋肉を作る材料の中で最も重要なアミノ酸の宝庫ですし、血行や呼吸の働きを高める作用もあるため、基礎代謝UPに役立ちます。


馬プラセンタでいつまでも若々しく♪

健康サプリの目的別分類

■ベース・サプ(栄養欠損補充)
本来であれば、普通の食品から摂るべき栄養素のサプリです。私たちの身体の構成要素となったり、代謝を正常に保つたりする働きがあります。このため、ベース・サプリは一 般の食品から摂れる栄養素に近い形であることが重要です。
品質の差に最も違いが出やすいのがベース・サプリかもしれませんし、開発に技術と費用がかかるために満足な製品が少ないのが現状です。

■ヘルス・サプリ(健康維持・増進)
栄養的なバランスの調整とともに、全身の体調調整機能に関わり、免疫力や抗酸化力などをサポートして健康の維持、増進に役立つ成分です。青汁、発芽玄米、ビール酵母、クロレラなどがあります。

■オプショナル・サプリ(改善目的)
主にハーブや薬草類など、伝統医療や民間療法として伝えられてきたものなとがあります。医薬品に最も近いものなので、摂る時には専門家に相談した方がよいものがあります。
購入するなら、ベース・サプリでしょう。最も重要度が高く、安全性が高いのはベース・サプリだからです。しかしながら、世間の関心は、ヘルス・サプリやオプショナル・サプリに向かいやすいようです。

「母の滴スーパープラセンタドリンク」で【エイジングケア】

加齢臭の原因

おじさんと呼ばれる人たちから発せられる独特の臭いを加齢臭と言います。この加齢臭が発生する年齢は、一般的には40代後半と言われていますが、食事の欧米化やストレス社会で過ごすことにより、現在は30代後半からとも言われています。

加齢臭の元となるのは、毛穴の奥の皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによってつくられるノネナールという物質です。

40歳を過ぎたころから、酸化に対する抑制力が低減するため脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加し、ノネナールが急増すると考えられております。

そして、加齢臭を加速させる原因となっているのが活性酸素です。活性酸素が増えると、同時に過酸化脂質が増え、ノネナールが多く生成されることになるのです。

この活性酸素は、体内に侵入してきた細菌などを攻撃する良い働きをする一方、遺伝子を傷つけたり、ガンや生活習慣病、老化などを引き起こす原因になることもあります。

活性酸素を増やしてしまう原因は、ストレスやタバコ、スポーツなどがあげられ、身体のためによいスポーツも、激しすぎると活性酸素を増やしてしまうことになります。

なお、女性も、ノネナールは生成されますが、男性よりも脂肪酸と過酸化脂質の分泌が少ないため、臭くなりにくいのです。

【介護&終活】に悩む方のお役立ち情報

眼精疲労の改善に効果が期待される成分

一日中、パソンコンの前で仕事をしていると目が疲れショボショボしてきます。また、最近では、スマホの普及により、歩きながらでもスマホを見続けている人か多くおります。こうした人は、特に眼精疲労に注意が必要です。


断続的な眼精疲労や、目が乾いて痛いなどドライアイの症状に悩んでいる人は、「マルチカロチン」のサプリが良いと言われております。

天然のマルチカロチンには、「ルテイン」と呼ばれるカロテノイドが含まれており、このルテインは目の黄斑を構成している成分です。

疲れ目にはブルーベリーが良いと言われますが、それは、ブルーベリーには疲れ目を予防し改善させる「アントシアニン」という成分が含まれているからです。

しかし、アントシアニンはブルーベリーよりも「ビルベリー」という植物に多く含まれてお りますので、アントシアニンをより多く摂取したいのであれば、ビルベリーの方が良いかもしれません。

DHAは特にマグロや青魚に多く含まれており、集中力を高めるサプリとしてもよく知られておりますが、目の健康にも役立つと考えられています。

DHAは人間の目の網膜に多く含まれる成分ですから、摂取することによって網膜を守り、視力を高める働きをすると考えられているからです。


ベジパワープラスは【美容青汁】☆美容と便秘解消の総合健康飲料♪

アンチエイジングとエイジングケアの違いは

アンチエイジングとは、「アンチ」+「エイジング」、すなわち、加齢に伴う身体の機能的な衰え、老化を出来るだけ小さくすることです。
一方、エイジングケアは、「エイジング」+「ケア」で、年齢を手入れするという意味です。
基本的には、この2つにはそれほど大きな違いはありませんが、強いて言えば、アンチエイジングの方が、老化しないという意味合いが強いと言うことでしょう。
ただし、アンチエイジングという言葉を使えるのは医薬部外品のみで、化粧品には使えません。このため、化粧品の宣伝をするためにエイジングケアが使われようになったのです。
一般的に、女性は25歳が肌の曲がり角と言われておりますが、それでも、何もしない人と、きちんとケアする人との違いが出てきます。
つまり、エイジングケアとは、加齢によって変化している現在の肌や状態に応じて、化粧品等に認められた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるケアのことなのです。すなわち、「老化を防止する」のではありません。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪

ヒトフェロモンとは

フェロモンとは、汗腺などを通して体の外に放出されることを通じて、仲間を集める、身の危険を知らせる、道を教える、異性をひきつけるなど、自分と同じ種に対して情報を伝えるための物質で、昆虫から魚類・哺乳類などの動物まで広く存在しているものです。
長い間、フェロモンは言語など情報を伝えるための手段を持たない生物が持っているもので、ヒトにはフェロモンはなく、感知する器官も存在しないと考えられていました。 しかし、 1987年頃にデービッド・バーライナー博士によって、ヒトにもフェロモンがあり、またそれを感知する器官があることも発見されました。
すなわち、当時、鼻の先端の小さなくぼみ「鋤鼻(ジョビ)器官」は、科学者の間では退化した不要の器官であると思われていましたが、これが、フェロモンを感知し、脳の視床下部が反応することで、人間の行動に影響を与えることを発見したのです。
その後、デービッド・バーライナー博士は、ヒトフェロモンのメカニズムを研究し、人工的にヒトフェロモンを作り出すことに成功し、1991年、学術誌においてヒトに対して作用することが正式に研究発表され、1992年には アメリカで、2000年には日本で特許を取得しております。

ラブチャームス

靴と足の健康について

日本人は、一般的に自分の足の健康に無関心です。このため、外反母趾や扁平足、カカトのゆがみなど、全体の8割くらいの人が、足に何らかの障害を抱えていると言われております。
これによって、靴の履き心地が悪くなっているにもかかわらず、「靴が合わない」と決めつけて、自分の足に根本的な問題があることに気が付かない人が多いのです。
「足は全身を支配する」します。カカトの骨がゆがんでいると、膝や腰に負担がかかり、土踏まずも形成されにくく、 歩き方が変になり、からだの成長にも影響します。
近視や乱視の人が間違ったメガネをかけ続けると、ますます眼を悪くしてしまうのと同様に、足のゆがみに対してきちんと対処していない靴を履き続けると、かえって足を痛めることになります。 足だけでなく、膝や腰の痛みに発展する可能性もあるのです。
しかし、足のゆがみは素人目になかなか判断がつきません。足の健康に詳しい靴屋さんなどに見てもらい、 今、履いている靴に問題がないか、どんな靴が自分に合うのかなど、一度アドバイスを受けると良いでしょう。

シューズ通販ショップ

認知症とは

高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。
高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。

知的健康維持専用サプリ「ジオフェルンZ」

健康サプリの品質分類

■簡易サプリメント(低価格、低品質)
ドラッグストアやコンビニなとで低価格で販売しているサプリです。 安いのは化学合成された成分が主で、大量に生産できる安価な成分で作られているからです。
また、吸収率を高めるなどの特別な工夫がされていないものが多く、ビタミンやミネラルの補給だけでは栄養補助としての価値はほとんどありません。
低価格をウリにしている有名メーカーはこのカテゴリに属します。

■準本格的サプリメント
天然成分を配合したり、植物栄養素を取り入れたりするなど、ある程度の栄養的効果や生活習慣病対策を講じたサプリですので、健康に役立ちます。

■本格的サプリメント(高品質)
高い安全性と医薬品レベルの試験を重ねているサプリで、天然の栄養素であるのが条件です。また、栄養素が体内で働きやすいバランスに調整されております。
メーカーによっては臨床試験を行い、栄養素の効果や働きを科学的に実証しています。一般的には原価が高いのですが、低価格で購入できる場合があります。

■酵素栄養学に基づくサプリメント(最高品質)
最新の栄養学では食物酵素が極めて重要なことがわかっております。天然栄養素でビタミンやミネラルのバランスはもちろんとして、 必要な食物酵素を摂取できるサプリメントこそ最高かつ最新のサプリメントと言えるでしょう。
購入するなら、本格的サプリメントか酵素栄養学に基づくサプリメントを選びましょう。
ユーグレナ・ファームの緑汁は【59種類】の栄養素を含む青汁です♪

活性酸素と抗酸化作用

活性酸素は、年齢を問わず誰でも体内で生成されている物質で、細胞内で酸素を使って栄養分を燃やして栄養分をエネルギー変換するときに同時に生成されるため、呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。


活性酸素は「善玉」と「悪玉」の2つに区分され、悪玉活性酸素は、過剰に蓄積すると人間に害を及ぼします。

悪玉活性酸素は酸化力が非常に強いため、細胞や組織を酸化させます。酸化した細胞や組織は、働きの低下が起こり、場合によっては、細胞や組織が破壊されてしまうこともあります。

しかし、人間は活性酸素除去能力(抗酸化機能)を持っています。それは、活性酸素を除去する酵素「SOD酵素」が体内にあるのです。

こうした酵素の働きは年齢とともに低下して、40代になると急激に衰えはじめるのです。それは、20代の頃に比べると、「SOD酵素」の能力は50%以下まで低下すると言われています。

このため、40代は悪玉活性酸素の影響を受けやすく、細胞や組織の酸化による損傷や破壊により、ガンや生活習慣病、老化などが起こりやすくなるのです。

活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある物質は、水素以外にもポリフェノール、β-カロテン、ビタミンC、カテキンなどがあります。

「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度を実現したサプリです。