カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

効果を高める酵素ドリンクの飲み方

酵素ドリンクの飲み方には、どのタイミングで飲むのか、どの様に飲むのかの2つがあります。

どのタイミングで飲むかですが、これには、正解はありません。それは、本人が、どのくらいの期間で、どれだけ痩せたいかによって変わってくるからです。

無理せず、徐々にゆっくりと痩せたいのであれば、食事の量を減らして、代わりに酵素ドリンクを食事と次の食事の間の食間に飲むのが最適です。この時に飲むと、空腹感を感じ始めた頃に飲むことになるため、良いおやつ代わりになります。

短期間に一気に痩せたい場合は、食事そのものを酵素ドリンクに置き換えます。まずは、朝食だけを酵素ドリンクに置き換えるのがオススメです。

慣れてきたら、朝食と夕食の2食を酵素ドリンクに置き換えます。これだと、あっと言う間にどんどん痩せていきます。しかし、空腹感に耐え切れず、昼食をドガ食いしてしまうと意味がありません。

2~3日で痩せたいなら、3食すべてを酵素ドリンクに置き換えましょう。これは、空腹感との闘いとなり、辛いものですが、もし、耐えることが出来れば一気に痩せることが可能です。さらに、食事を全く摂らないために、デトックス効果も期待できます。それでも、断食の期間は長くても2日程度にしましょう。

酵素ドリンクを飲む際にやってはいけないことは、熱いお湯で割ることです。酵素は50度くらいまでしか耐えらないため、これをやられると、酵素が死んでしまいます。

一番のオススメは炭酸で割ることです。美味しいだけでなく、炭酸によってお腹が膨れて、満腹感を感じることができます。

ジュースで割ると更に美味しくなります。また、野菜ジュースで割ると、栄養素を追加で摂取することができます。

人気の「酵素ドリンク」ベスト4

豆乳のダイエット効果

「豆乳」は、「畑の肉」ともよばれ、ローカロリーでありながら栄養をバランスよく含んでいる大豆を液化したものです。固形の豆腐に比べても成分の吸収率が優れており、ダイエットや美容に良いと言われております。
では、豆乳に含まれるどんな成分がダイエットに有効なのでしょうか?

■大豆サポニンは、腸内の絨毛を縮小させ、脂肪、糖質の吸収を遅らせたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑えたりして、食べすぎを防止する効果があります。

■大豆ペプチドは、吸収してしまった脂肪の燃焼をうながします。また、基礎代謝を高めるため、運動しなくても脂肪を燃焼する効果が期待できます。

■大豆タンパク質は、食事でとった余分な脂質やコレステロールを大豆タンパクが吸着して排出し、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きがあります。また、体脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑える効果があります。
■オリゴ糖は、腸内にあるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。便通がよくなることで、美肌、 ダイエット効果が期待できます。


「コレスリム」は【燃焼+酵素】の力をギュッと凝縮!燃えるだけで終わらないダイエット♪

酵素ダイエットの2つの方法

酵素ダイエットは健康的にダイエットできる方法として、近年話題を集めておりますが、その酵素ダイエットの方法は大きく分けて2つあり、自分の体調やペースに合わせてダイエットを行うことができます。無理のない範囲で行いましょう。
■プチ断食ダイエット
1日の食事のうち、1~2食を酵素食品に置き換えるダイエット法です。この方法は、高カロリーの食事のかわりに酵素食品を食べるので、総摂取カロリーを大幅に減らすことができます。
また、酵素食品にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富なので、食事のかわりに置き換えても栄養不足になる心配はありません。
しかも、酵素の力で体内の老廃物の排出が促されるので、便秘も解消され、ぽっこりお腹も改善されます。
3食のうち、1~2食は通常の食事を摂取できるので、あまり空腹感を感じることもなく、自分のペースで長く続けることができます。
■断食ダイエット
食事のかわりに、酵素飲料などの酵素食品のみ摂取するダイエット法です。プチ断食ダイエットとは異なり、短期集中型で、期間は1日~3日間程度となります。
プチ断食ダイエットは通常の食事と置き換えるだけですが、断食ダイエットは酵素飲料を2時間置きにこまめに摂取するようになります。1回に飲む量は50~60ml。まず起床時に1杯飲み、その後は10時~20時まで計6回にわけて2時間ずつ飲んだ後、就寝前にもう1杯飲みます。
少しだけ体重を落としたい方は1日断食を、しっかり大幅にダイエットしたい方は3日間続けてみましょう。
断食ダイエットは単に体重を落とすだけでなく、デトックス効果や代謝をアップさせる作用があるので、数ヶ月に1回の割合で定期的に行うと効果的です。

置き換えダイエットは「酵水素328選」で♪