ボイスチャットとは?

チャットは基本的にパソコンに文字を入力して、チャットルームとなるサーバーへ送信して、チャットルームにいる他の人へ言葉を伝えることを通じて、相手と会話をするのが一般的ですが、文字手はなく、音声を利用して、あたかも電話で話すようにパソコンを使ってチャットすることを、ボイスチャットまたは音声チャットと言います。
この、ボイスチャット(音声チャット)をするには、パソコン以外にパソコン専用のマイクを別途購入する必要があり、パソコンショップや電気屋さん等で現在、安いもので約1,000円程度購入することが出来ますので、経費的にはそれほど負担になるものではありません。
このマイクを購入したら、パソコンの指定の位置にコードを差込んで使用しますが、会話する相手と自分の両方にマイクがあれば、電話のように会話することもできます。
ただ、一般のボイスチャットは雑音が入ることも多く、パソコンのスペックやその他の問題により、音声が聞き取りにくかったり、伝えにくかったりすることがあるのが少し難点です。
CHATPIA

結婚にはどんな費用が必要なの?

地道な婚活がみのって、結婚するにしても、意外と費用がかかります。まず、結婚披露宴や結婚式にかかる費用は、地域差もありますので一概には言えませんが、東京都内では招待客100人規模の結婚式で、300万以上の費用が必要と言われています。
アンケートでは、100万円~300万円という回答が半分以上を占めております。
その内訳の大半は、披露宴にかかる費用ですが、これは、地方によっても違うし、そのレベルをどの程度にするかによって大きく異なってきます。豪華にしょうとすれば、その費用は際限がありませんし、簡素にしょうとすれば、費用もそれなりに低く抑えることが出来るでしょう。いずれにしても、これは、両家の話し合いによって大きく軽減できる部分は多いようです。このため、結婚が決まったら、まずは費用に関する相談を両家で早めにしておきましょう。
なお、披露宴以外にも、結婚にはさまざまな費用がかかりますが、その内容に関しては結婚するふたりの状況が大きく左右します。例えば、独身時代にどちらかがすでにマンションを購入しており、結婚後もそこに住む場合には、新居に関する費用は大きく軽減されます。また、日常使う生活用品や家具なども同様です。いずれにしても、こうした問題は、結婚する前に、両家の両親なども含めて細かく見積もり、どちらが、どの程度負担するかを決めておいたほうが、結婚後の金銭を巡るトラブルを防ぐことが出来ます。
婚活業界最大手の結婚相談所「オーネット」