アンチエイジング食材

中国の『神農本草経』という薬物書は、今から2千年位前に書かれたものですが、その中に、長く食べ続けると不老長寿、しかも、身体に穏やかに作用するために、多用しても毒がないといわれる食材を「上品」(上薬とも)と称しております。


この上品に分類される食材は、現在でもよく使われるものばかりで、生活習慣病の予防や健康維持に欠かせない、究極のアンチエイジング食材なのです。


■なつめ


クロウメモドキ科の植物の果実で、生薬名は大棗(たいそう)。胃腸の働きを助け、元気パワーや血液を増やしてくれます。毎日3つ食べると年を取らないのだとか!?


■クコの実


ナス科クコの果実で、生薬名は枸杞子(くこし)。疲れ目や視力の低下などの目のトラブルに優れ、血液を補うので貧血によるめまいや、滋養強壮にもいい。


■はと麦


イネ科の植物で、外皮を除いたものを生薬のヨクイニンと呼ぶ。身体の余分な水分を外に出すので、むくみによく、消化機能を高めるので下痢にも用いられる。肌をなめらかにしたり、解毒する働きもあるので、にきびや吹き出物、民間ではイボ取りにも使われる。


■長いも


ヤマノイモ科ヤマイモの茎根。パワーのある食材で、胃腸の機能を高めスタミナをつける。下痢やおりもの、遺精、軽度の糖尿病にもおすすめ。消化吸収をよくするなら、生食がベスト。


■朝鮮人参


ウコギ科オタネニンジンの根で、生薬名は御種人参、人参など。滋養強壮、不老長寿には欠かせないもので、高価ゆえに、ニセモノにはご注意!!


いずれにしても、これらの食材はそれぞれの特長を活かし、体質や体調によって使い分けるのが大切です。

完全無添加の青汁「ドクターベジフル青汁」

活性酸素と抗酸化作用

活性酸素は、年齢を問わず誰でも体内で生成されている物質で、細胞内で酸素を使って栄養分を燃やして栄養分をエネルギー変換するときに同時に生成されるため、呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。


活性酸素は「善玉」と「悪玉」の2つに区分され、悪玉活性酸素は、過剰に蓄積すると人間に害を及ぼします。

悪玉活性酸素は酸化力が非常に強いため、細胞や組織を酸化させます。酸化した細胞や組織は、働きの低下が起こり、場合によっては、細胞や組織が破壊されてしまうこともあります。

しかし、人間は活性酸素除去能力(抗酸化機能)を持っています。それは、活性酸素を除去する酵素「SOD酵素」が体内にあるのです。

こうした酵素の働きは年齢とともに低下して、40代になると急激に衰えはじめるのです。それは、20代の頃に比べると、「SOD酵素」の能力は50%以下まで低下すると言われています。

このため、40代は悪玉活性酸素の影響を受けやすく、細胞や組織の酸化による損傷や破壊により、ガンや生活習慣病、老化などが起こりやすくなるのです。

活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある物質は、水素以外にもポリフェノール、β-カロテン、ビタミンC、カテキンなどがあります。

「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度を実現したサプリです。

豆乳のダイエット効果

「豆乳」は、「畑の肉」ともよばれ、ローカロリーでありながら栄養をバランスよく含んでいる大豆を液化したものです。固形の豆腐に比べても成分の吸収率が優れており、ダイエットや美容に良いと言われております。
では、豆乳に含まれるどんな成分がダイエットに有効なのでしょうか?

■大豆サポニンは、腸内の絨毛を縮小させ、脂肪、糖質の吸収を遅らせたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑えたりして、食べすぎを防止する効果があります。

■大豆ペプチドは、吸収してしまった脂肪の燃焼をうながします。また、基礎代謝を高めるため、運動しなくても脂肪を燃焼する効果が期待できます。

■大豆タンパク質は、食事でとった余分な脂質やコレステロールを大豆タンパクが吸着して排出し、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きがあります。また、体脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑える効果があります。
■オリゴ糖は、腸内にあるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。便通がよくなることで、美肌、 ダイエット効果が期待できます。


「コレスリム」は【燃焼+酵素】の力をギュッと凝縮!燃えるだけで終わらないダイエット♪

酵素ダイエットの2つの方法

酵素ダイエットは健康的にダイエットできる方法として、近年話題を集めておりますが、その酵素ダイエットの方法は大きく分けて2つあり、自分の体調やペースに合わせてダイエットを行うことができます。無理のない範囲で行いましょう。
■プチ断食ダイエット
1日の食事のうち、1~2食を酵素食品に置き換えるダイエット法です。この方法は、高カロリーの食事のかわりに酵素食品を食べるので、総摂取カロリーを大幅に減らすことができます。
また、酵素食品にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富なので、食事のかわりに置き換えても栄養不足になる心配はありません。
しかも、酵素の力で体内の老廃物の排出が促されるので、便秘も解消され、ぽっこりお腹も改善されます。
3食のうち、1~2食は通常の食事を摂取できるので、あまり空腹感を感じることもなく、自分のペースで長く続けることができます。
■断食ダイエット
食事のかわりに、酵素飲料などの酵素食品のみ摂取するダイエット法です。プチ断食ダイエットとは異なり、短期集中型で、期間は1日~3日間程度となります。
プチ断食ダイエットは通常の食事と置き換えるだけですが、断食ダイエットは酵素飲料を2時間置きにこまめに摂取するようになります。1回に飲む量は50~60ml。まず起床時に1杯飲み、その後は10時~20時まで計6回にわけて2時間ずつ飲んだ後、就寝前にもう1杯飲みます。
少しだけ体重を落としたい方は1日断食を、しっかり大幅にダイエットしたい方は3日間続けてみましょう。
断食ダイエットは単に体重を落とすだけでなく、デトックス効果や代謝をアップさせる作用があるので、数ヶ月に1回の割合で定期的に行うと効果的です。

置き換えダイエットは「酵水素328選」で♪

体験エステを利用する場合の心構え

無料あるいは格安で体験をするにあたっては、それなりの覚悟が必要です。エステサロンが体験エステを実施しているのは、サービスをお試しで体験してもらい、その後のエステコースの契約につなげるために実施しているところがほとんどです。
無料とか格安で体験できるからと、あまり考えずに安易に申し込み、その後のエステ コースを勧められてなかなか帰ることが出来なかったなどと言う話は、よく聞く話です。
たしかに、体験エステプを上手く利用すれば、サービス内容が自分に合っているか確かめる事ができ、施術が自分に合っていてもっと続けたいと思った時には、大変お得な体験をしたことになるでしょう。
しかしその場合でも、自分には合わなかった場合のために、その後のエステコースの契約を勧められた場合の断り文句を、事前に準備しておいた方が良いようです。
また、友人や知り合いが勤務しているエステがあるならば、それを利用するという方法もあります。友人や知り合いなら、しつこい営業をされることもないと思いますし、その場でエステ契約をしなくても「こちらからまた連絡します」と断って帰ることが出来そうですよね。
「エステティック ミスパリ」

エステサロンはここが魅力

エステサロンの最大の魅力は、何といっても、体質改善だけでなく、癒しやおもてなされ感でしょう。個室でゆったりとした雰囲気や音楽、香りにこだわったエステサロンもあります。


また、美容クリニックにはないエステサロンの醍醐味も味わうことが出来ます。

顔がくすんでいたり、トラブルが起きてしまうのは、実は冷え性、血行の悪さ、むくみなど意外にも体質に原因あります。エステサロンでは、一時的な効果でなく、定期的に通うことで代謝の良い体質に変えていくことができます。


そして、何よりの魅力は、温か味のあるムーディーな照明、ほのかに漂うアロマの香り、エステティシャンの笑顔などなど、エステサロンは日々のストレスから解放され、自分がVIPになったようなおもてなされ感で極上の癒しが得られます。


さらに、エステサロンでは、エステティシャンが顔や体に直接触れてくれることで、自分でも気づかなかった体質や歪みを指摘してくれたり、食事、エクササイズ、マッサージなどホームケアの指導もしてくれます。


このように、エステティシャンはまさに頼もしい存在です。人生長い目で見たら、根本的な体質改善をしていくエステサロンは健康的でおすすめです。

全身痩身エステサロン「キレイサローネ」は月額定額制・回数制

便秘とニキビ

便秘になると便が長期間腸に溜まっている状態が続くために、腸内環境が乱れ 悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して作り出すインドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。
インドールやスカトールが血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因となり、さらには、肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能を低下させてしまいます。
便秘を改善するには、
■無理なダイエットをしない
便秘を改善するには無理なダイエットは禁物です。 ダイエットは食べる量を制限する為、便になる材料が不足するので便秘改善には良くないからです。
■食物繊維の多い食事をする
食物繊維は便の量を増やし、腸内の善玉菌を増やすので 便秘改善にはたくさん採りたいものです。
食物繊維を多く含む食品は
・さつまいもや里芋などのイモ類
• 大豆やあづきなどの豆類
• ごぼうやニンジン、キャベツなどの緑黄色野菜
• しいたけやしめじなどのきのこ類
• りんごやミカンなどの果物
• 昆布やわかめなどの海藻類です。
但し、海藻類はニキビの原因にもなるので食べ過ぎには注意してください。
■ストレスを溜めない
ストレスは下痢や便秘の原因になります。自分に合った解消法を見つけ、ストレスを溜めない工夫をしましょう。
■適度な運動
運動は腸のぜん動運動を活発にするので便秘を改善するには有効です。 運動はストレスの解消にも繋がるのでオススメな便秘解消法です。
■お腹のマッサージ
便秘にはお腹のマッサージも効果的です。 便秘に効くマッサージはオヘソを中心にして時計回りにやさしくグルグルと20回を目安にマッサージしてください。
手が冷たいとお腹を冷やすので、マッサージの前には 手を擦り合わせて暖めておくと良いでしょう。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!

脱毛クリニックと脱毛サロンは、どっちが痛い!?

脱毛とは、そもそも身体に生えている毛を強制的に抜く、焼く、剃るなどの人工的方法で処理するわけですから、当然、それはそれなりの痛みは伴います。しかし、痛みの強弱は、受ける施術方法によってかなりの違いがあります。


脱毛クリニックにおいては、パワーの強い医療用レーザー機器による脱毛が主流となってきており、従来の電気脱毛法はかなり少なくなってきています。


また、脱毛サロンでも、電気脱毛よりも光脱毛が主流となってきています。


施術時の痛さ程度の程度については、最も痛いのが、針を使用する電気脱毛法、次に、脱毛クリニックなどの医療施設で行われるレーザー脱毛法、そして、痛みが一番少ないのが、脱毛サロンなどで行われる光脱毛法です。


このため、痛いのは嫌だという人は、効果は薄いが、少しずつ脱毛していける脱毛サロンの方がおすすめかもしれません。何しろ出力が弱いため、軽く輪ゴムで弾かれた程度の痛みしか感じません。

また、施術後はローションなどで患部をしっかりとクールダウンしてくれますし、保湿などもきちんとしてくれますので、お肌をいたわりながら脱毛したいという人は脱毛サロンがオススメです。

価格についても、脱毛クリニックと比較すると、かなりリーズナブルなのも脱毛サロンの大きな魅力でもあります。


「脱毛サロン」で一流のプロによる【永久脱毛】をしたいならココです!!

男性と女性の薄毛・抜け毛の違い

薄毛や抜け毛に対する悩みは、男性だけに限ったものではありません。2011年の秋にはヘアサロンの女性利用数が前年比1.5倍になるなど、髪と頭皮についての悩みは男女共通のものになってきております。
あまり薄毛についての悩みが無さそうな20代~30代の女性でも、悩みを抱えている方が少なくありません。これは、生活習慣の乱れなどが原因とされており、働く女性に多いストレスなどが関係していると考えられています。
男性の薄毛は一般的に、毛髪自体が細くなっていくというものですが、女性の薄毛は髪の数が減っていく傾向にあります。
また、男性の場合は部分的に脱毛が見られ、脱毛部の形によってM型・O型などと言われますが、女性の薄毛は頭部の比較的広い範囲でボリュームダウンが起こる、いわゆる「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状です。
これは加齢などによって毛母細胞の活動が弱くなり、通常であれば一つの毛穴から何本も生えている毛髪が減ってしまう事で起こります。
さらに、髪自体が細くなりハリやコシも失われることで、全体的なボリュームダウンを感じる原因となっています。
特に50代以上の女性では、これから成長していく毛髪の割合が減少し、抜け毛が増える事で髪全体の本数が減ってしまうのです。
このように男女の薄毛は原因もタイプも違います。そのため、男性用の育毛剤を女性が使用しても効果はありません。最近では男女兼用の育毛剤も多くなっています。
育毛比較ナビ【育毛サロン・育毛剤】などで薄毛の悩みを解消♪

結婚情報サービスとは

結婚情報サービスとは、結婚相手を紹介するのではなく、結婚相手になる可能性がある独身者の情報を提供するというもので、結婚相談所よりオープンで明るいイメージがあり、一般的にも浸透しています。
そのシステムは、あらかじめ希望条件を聞いておき、その希望条件に合う相手を、コンピュータが探し出し、利用者に提供するというものです。
まず、データーの提供を受けたら、データーに書かれている相手に交際の申し込みをする。次に、相手からの返事を待ち、相手がOKならば、自分でメールや電話などを使いアプローチをすると言うものです。
結婚相談所のようにスタッフが間に入り、直接出会う機会を作るわけではないので、気にいった相手と会うまでには、それなりの時間と労力が必要となります。つまり、データーは提供するので、あとは自分ですきなように動いてくださいといものです。
結婚情報サービスのメリットは、自分の希望条件に合った人を見つけることができるというところです。会員情報誌による紹介、イベント、パーティ、イベントがあり、内容的には充実しており、結婚相談所と違って、成婚料はありませが、会期中のデーター提供に対する対価としての情報提供料や、活動費、月会費などを入会時に全額支払う必要はあります。
デメリットとしては、カウンセラーやアドバイザーによる積極的なサポートはほとんどないため、相手からOKをもらうのが大変な上、アプローチも成功させなければならないという点が挙げられるでしょう。
しかし、近年では、オプションとしてお見合いを設定するところも登場してきております。
なお、大手の結婚情報サービス会社は、全国に営業拠点を設けており、会員数も膨大な人数となっており、会社規模が大きい分基盤は安定していて安心です。
しかし、その反面、大きな組織を維持するために膨大な運転資金が必要となるため、どうしても、利益追求を重視してしまいがちです。
恋活・婚活なら「パートナーエージェント」