靴と足の健康について

日本人は、一般的に自分の足の健康に無関心です。このため、外反母趾や扁平足、カカトのゆがみなど、全体の8割くらいの人が、足に何らかの障害を抱えていると言われております。
これによって、靴の履き心地が悪くなっているにもかかわらず、「靴が合わない」と決めつけて、自分の足に根本的な問題があることに気が付かない人が多いのです。
「足は全身を支配する」します。カカトの骨がゆがんでいると、膝や腰に負担がかかり、土踏まずも形成されにくく、 歩き方が変になり、からだの成長にも影響します。
近視や乱視の人が間違ったメガネをかけ続けると、ますます眼を悪くしてしまうのと同様に、足のゆがみに対してきちんと対処していない靴を履き続けると、かえって足を痛めることになります。 足だけでなく、膝や腰の痛みに発展する可能性もあるのです。
しかし、足のゆがみは素人目になかなか判断がつきません。足の健康に詳しい靴屋さんなどに見てもらい、 今、履いている靴に問題がないか、どんな靴が自分に合うのかなど、一度アドバイスを受けると良いでしょう。

シューズ通販ショップ

認知症とは

高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。
高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。

知的健康維持専用サプリ「ジオフェルンZ」