ヒトフェロモンとは

フェロモンとは、汗腺などを通して体の外に放出されることを通じて、仲間を集める、身の危険を知らせる、道を教える、異性をひきつけるなど、自分と同じ種に対して情報を伝えるための物質で、昆虫から魚類・哺乳類などの動物まで広く存在しているものです。
長い間、フェロモンは言語など情報を伝えるための手段を持たない生物が持っているもので、ヒトにはフェロモンはなく、感知する器官も存在しないと考えられていました。 しかし、 1987年頃にデービッド・バーライナー博士によって、ヒトにもフェロモンがあり、またそれを感知する器官があることも発見されました。
すなわち、当時、鼻の先端の小さなくぼみ「鋤鼻(ジョビ)器官」は、科学者の間では退化した不要の器官であると思われていましたが、これが、フェロモンを感知し、脳の視床下部が反応することで、人間の行動に影響を与えることを発見したのです。
その後、デービッド・バーライナー博士は、ヒトフェロモンのメカニズムを研究し、人工的にヒトフェロモンを作り出すことに成功し、1991年、学術誌においてヒトに対して作用することが正式に研究発表され、1992年には アメリカで、2000年には日本で特許を取得しております。

ラブチャームス