アンチエイジングとエイジングケアの違いは

アンチエイジングとは、「アンチ」+「エイジング」、すなわち、加齢に伴う身体の機能的な衰え、老化を出来るだけ小さくすることです。
一方、エイジングケアは、「エイジング」+「ケア」で、年齢を手入れするという意味です。
基本的には、この2つにはそれほど大きな違いはありませんが、強いて言えば、アンチエイジングの方が、老化しないという意味合いが強いと言うことでしょう。
ただし、アンチエイジングという言葉を使えるのは医薬部外品のみで、化粧品には使えません。このため、化粧品の宣伝をするためにエイジングケアが使われようになったのです。
一般的に、女性は25歳が肌の曲がり角と言われておりますが、それでも、何もしない人と、きちんとケアする人との違いが出てきます。
つまり、エイジングケアとは、加齢によって変化している現在の肌や状態に応じて、化粧品等に認められた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるケアのことなのです。すなわち、「老化を防止する」のではありません。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪