美肌に効果的な6つの美容成分

美容によいとされる代表的な成分は6つあります。まず、美肌成分の王様と言われるビタミンCは、抗酸化作用があり、メラニン生成の抑制効果も期待できますので、コラーゲンと同時に摂取するとより一層効果を発揮します。


コラーゲン繊維は、表皮の内側にあり皮膚を形成している、真皮の網目構造を作って形成しており、コラーゲンは、いわば肌の基礎となる物質です。

ただし、コラーゲンは飲めば肌のコラーゲンを補えるものではありません。摂取することによって、体内でアミノ酸に分解され、肌に必要なコラーゲンの原料となります。


エラスチンは、コラーゲン線維同士を結びつけて真皮を形成している、弾性線維ともよばれるたんぱく質です。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみの予防に役立ちます。


ヒアルロン酸は、真皮の60~80%を占める水分を抱え込む役割を果たしており、肌の内側にうるおいと柔軟性をもたらします。


プラセンタは、豚や動物の胎盤から抽出されるアミノ酸やタンパク質など含む美容成分です。美肌をサポートする成長因子が豊富で、美容全般に効果が期待できるため、エイジングケアや肌トラブルのサポートとして注目されております。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分で、ホルモンのサポートや抗酸化作用かあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸の生成においても活躍します。


噂の【美容&コスメ】グッズで、美容の悩みを解消♪

育毛と成長ホルモンの関係

髪の毛を作るうえで、成長ホルモンは大切な役割を果たします。成長ホルモンには、髪の毛を作るたんぱく質の代謝を促進する働きがあります。


これが、睡眠不足になると、たんぱく質の合成が不十分となってしまいます。髪の毛を作り出す毛根も同様に、睡眠が十分でないと働きが劣ってしまいます。

睡眠不足で血管が収縮すると、頭皮の血行も不良となって毛根の活動が鈍ってしまいます。

寝る子は育つと言いますが、人が寝ている間に成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞の再生や細胞分裂を促進します。これによって、臓器や筋肉の細胞修復が行われ、髪の毛の育成にも使われます。

このように、睡眠は成長ホルモンの分泌量を大きく左右し、健康や美容だけではなく髪の毛の再生や育成に大きな影響を与えるのです。

睡眠をしっかりとって、育毛の為に使われる成長ホルモンの分泌量をしっかり確保することがいかに大切なことなのかが分かるでしょう。

睡眠は長い時間寝れば良いと言うものでなく、質の良い睡眠をとることが大事です。


いくら長く睡眠時間を取ったとしても、眠り自体が浅くて途中で何度も目が覚めてしまうようでは、十分な成長ホルモンは分泌されません。


短くても深く熟睡できる質のよい睡眠のほうが、成長ホルモンもしっかり分泌されるのです。


アートネイチャー

投資における手数料(コスト)の削減

投資において、手数料(コスト)を抑えることはとても重要なことです。コストには取引手数料や運用経費など様々ありますが、これらは、リターン減少のおおきな要因となります。


年に2%の管理手数料を1%に削減できれば、年に1%のリターンを増やしたのと同じことになるからです。

このため、銀行や証券会社などの金融機関のいいなりになって取引している人は、ぜひ、運用方法についてコスト削減を図りましょう。


銀行預金、株式投資、投資信託、保険(年金)、不動産投資などなど、どんな投資でも手数料や経費がかかっており、それを負担しているのは投資家です。


このため、投資においてこの取引コストを引き下げることは、収益改善に直結するのです。


手数料が格安といわれるネット証券でも、証券会社によって差があります。最も高い手数料と最も低い手数料の証券会社とを比較すると、13万円近い差があります。このため、手数料の安い証券会社を選択するということは必要不可欠なのです。


投資信託の場合は、投資信託そのものの手数料に加えて証券会社や銀行などの販売店の手数料も存在します。


このため、投資信託は努めてローコストで運用できるものを選ぶことが重要です。インデックスファンドでおなじベンチマークを目標とするものでも、信託報酬(運用経費率)が低いものがお勧めです。


投資信託は、ネット証券での購入だと、同じ投資信託でも販売時の手数料で1~3%もの差が生じることがありますのでお勧めです。


また、売り手である銀行や証券会社の営業マンなどは、自分たちの成績を上げることを優先して、より高いファンドを売る傾向がありますので要注意です。

【FX商材】くまひげ先生の「マジックボックスFX」☆新理論で絶好の売買チャンスをGet!!

雨に強い靴選びと手入れ

雨の日に革靴を履くと、しだいに水が染みて来て気持ちが悪いし、靴の傷みも心配です。


ウォータープルーフのスプレーを塗布しても、革の表面からの水の浸入を軽減することは出来ても、それだけでは不十分です。水は革の表面以外からも染み込んでくるからです。


革を縫い付けた部分は、歩行時に発生するピストン効果で靴内部が減圧されるため、小さな穴でも水が浸入してきます。また、甲部分の低いパンプスやビジネスシューズは、跳ね上げた水しぶきが靴の履き口から入ることもあります。


雨の日を快適に過ごすためには、水の浸入を軽減する素材、製法、デザインの靴を選ぶことが大切です。


撥水加工をした革を使って、甲革と表底を接着剤で張り合わせたセメント製法で作られており、甲部分に縫い合わせが無い靴を選びましょう。


また、革底の靴は非常に滑りやすいので、歩行には充分な注意が必要です。


濡れた靴は、そのまま放置せず、水分を取り除いた後、風通しの良い場所で陰干ししてからクリーム等で磨きます。


革底の靴の場合は、少量のミンクオイルで靴底を手入れすれば、靴が生き生きとしてきます。


イタリアの紳士靴ブランド「アントニオ ルフォ」