健康サプリの目的別分類

■ベース・サプ(栄養欠損補充)
本来であれば、普通の食品から摂るべき栄養素のサプリです。私たちの身体の構成要素となったり、代謝を正常に保つたりする働きがあります。このため、ベース・サプリは一 般の食品から摂れる栄養素に近い形であることが重要です。
品質の差に最も違いが出やすいのがベース・サプリかもしれませんし、開発に技術と費用がかかるために満足な製品が少ないのが現状です。

■ヘルス・サプリ(健康維持・増進)
栄養的なバランスの調整とともに、全身の体調調整機能に関わり、免疫力や抗酸化力などをサポートして健康の維持、増進に役立つ成分です。青汁、発芽玄米、ビール酵母、クロレラなどがあります。

■オプショナル・サプリ(改善目的)
主にハーブや薬草類など、伝統医療や民間療法として伝えられてきたものなとがあります。医薬品に最も近いものなので、摂る時には専門家に相談した方がよいものがあります。
購入するなら、ベース・サプリでしょう。最も重要度が高く、安全性が高いのはベース・サプリだからです。しかしながら、世間の関心は、ヘルス・サプリやオプショナル・サプリに向かいやすいようです。

「プラセンタドリンク」で【エイジングケア】