防犯カメラ設置上の注意点

せっかく防犯カメラを設置しても、あまり効果の無い場所にとりつけても意味がありません。次の点に注意しましょう。
■カメラの最低照度以上の明るさがある。
性能表の最低照度の数値と周囲の明るさを確認しましょう。きれいに撮影するには、最低照度の3倍くらいの明るさが必要です。

■夜間撮影をしたい場合に撮影が続けられること。
夜間でも、ある程度の明かりがあれば、高感度カメラでも撮影できますが、まったく明かりのない場所では赤外線が必要となります。

■撮影したい場所が映せること。
カメラの取り付け位置によって撮影範囲が大幅に変わります。このため、実際にカメラに映しながら向きを調整しましょう。

■カメラに死角ができていないこと。
例えば、入り口の撮影でカメラに映らない場所があっては意味がありません。一目で全体を見渡せるように設置して、死角ができないようにしましょう。

■撮影した時の被写体のサイズに注意。
撮影したい目的にあわせ、ズームを調節します。顔を確認したい場合は上半身が映るようにし、全体的な動きを見る場合は、エリア全体を見渡せるサイズで撮影するなど、目的に応じて変更しましょう。

■プライバシー問題に注意
特に、屋外撮影では、隣の家が映ってしまうなどプライバシーに注意が必要です。最近では、防犯カメラでもプライバシーに配慮した機種が多くなっています。

ホームセキュリティ「MivaTek」は【月々0円】

女性不妊の原因と治療

女性による不妊の原因としては、子宮内膜症、子宮筋腫、着床障害などの子宮内部の障害、排卵障害、卵管障害など卵巣や卵管部の障害、黄体機能不全、高プロラクチン血症などのホルモン分泌異常、それに、性感染症、不育症などがあるとされておりますが、現在のところ、不妊の原因は100%解明されていないため、いら不妊検査を行っても、原因不明と診断される場合も少なくありません。

こうした原因不明の不妊の多くは、機能性疾患によるものと考えられ、多くの女性が悩んでいる「冷え」も、妊娠しにくい要因の一つとされております。

「冷え」は血液の循環を悪くし、免疫力や新陳代謝能力の低下に加え、ホルモンバランスの乱れとなり、その結果、婦人科系臓器に血流が行き渡らずに衰えたり、ホルモン分泌の異常のため黄体機能不全などの症状を引き起こしたりして、これが、不妊の原因を作りだしてしまうのです。

不妊治療は原因不明のままいくら続けてもうまくいきません。特に、機能性疾患による不妊は根本的治療が必要ですから、その原因を突き止めてから治療を行う必要があります。

また、専門医による治療に加えて、日常の生活習慣を見直して、冷え症の改善やストレスを溜めないよう心がけ、妊娠体質になるよう努力するのも不妊治療には欠かせません。

同時に、パートナーの協力も欠かせませんので、自分一人で悩むのではなく、二人でよく話し合い、協力し合いながら治療を進めて行くことが何よりも大切なことなのです。

不妊に悩んでいるカップルのためにの【妊活】情報館☆