高齢者の「訪問型」見守りサービスとは

地域密着型の企業が提供する訪問型の見守りサービスで、同じ地域に住む介護スタッフがサポートしてくれるので安心です。

専任スタッフが高齢者の自宅を定期的に訪れて、安否確認をするものです。

その内容は、専任スタッフが、高齢者からの相談受け、食事の摂取状況の確認を行って訪問した日の記録として残します。

この訪問記録を高齢者と離れて暮らす家族に伝えることによって、心身の健康状態を把握するものです。

このサービスを提供しているのは、主として、郵便局や電気・水道などの会社です。

郵便局員や電気・ガスの検査員は、常日頃から管轄区域内を巡回しているため、地域との関わりが深いことから、土地勘のあるスタッフが訪問することで、高齢者の日常生活を把握することができます。

また、合わせて、地域情報の提供や犯罪防止などの相乗効果も期待できます。

例えば、郵便局が提供するサービスは、高齢者の自宅を訪問して、その記録を家族に報告します。

月額の費用は、訪問回数に応じて変動しますが、費用は、月1回30分の訪問で月額1,980円、月1回60分の訪問では月額2,480円程度が目安となります。

「遠くても安心プラン」で高齢者を見守り♪

女性不妊の原因と治療

女性による不妊の原因としては、子宮内膜症、子宮筋腫、着床障害などの子宮内部の障害、排卵障害、卵管障害など卵巣や卵管部の障害、黄体機能不全、高プロラクチン血症などのホルモン分泌異常、それに、性感染症、不育症などがあるとされておりますが、現在のところ、不妊の原因は100%解明されていないため、いら不妊検査を行っても、原因不明と診断される場合も少なくありません。

こうした原因不明の不妊の多くは、機能性疾患によるものと考えられ、多くの女性が悩んでいる「冷え」も、妊娠しにくい要因の一つとされております。

「冷え」は血液の循環を悪くし、免疫力や新陳代謝能力の低下に加え、ホルモンバランスの乱れとなり、その結果、婦人科系臓器に血流が行き渡らずに衰えたり、ホルモン分泌の異常のため黄体機能不全などの症状を引き起こしたりして、これが、不妊の原因を作りだしてしまうのです。

不妊治療は原因不明のままいくら続けてもうまくいきません。特に、機能性疾患による不妊は根本的治療が必要ですから、その原因を突き止めてから治療を行う必要があります。

また、専門医による治療に加えて、日常の生活習慣を見直して、冷え症の改善やストレスを溜めないよう心がけ、妊娠体質になるよう努力するのも不妊治療には欠かせません。

同時に、パートナーの協力も欠かせませんので、自分一人で悩むのではなく、二人でよく話し合い、協力し合いながら治療を進めて行くことが何よりも大切なことなのです。

不妊に悩んでいるカップルのためにの【妊活】情報館☆