転職回数の多い看護師の転職

看護師がスムーズに転職するためには、過去の転職回数がポイントになってきます。


退職の理由は人それぞれですが、病院を辞めるたびに、退職回数という数字がプラスされ、これが転職に大きな影響を与えます。


一般的に、病院は転職回数の多い人を敬遠します。病院によっては、1年未満の勤務が2ヵ所あるだけでも採用はしないと言われています。


転職回数が多いと、採用してもどうせすぐに辞めるのだろうと思われてしまい、幾ら能力的に優れていても、採用されることが難しくなる傾向があるようです。


だからと言って、既に何回か転職している人にとっては、今更、どうにもならないことですよね。


転職回数が多い人は、面接の時点で他の人よりも不利な状況ですので、全ての質問に対して具体的に返答する事を心がけましょう。


質問されたことに対して少しでも曖昧な部分を残してしまうと、採用されない可能性もありますので、質問に対して具体的に答えていければ、転職回数に関わらず採用される可能性は高くなることでしょう。


転職回数が多くても、結婚や出産は不利にはなりませんが、これ以外の理由に関しては殆どがマイナス要素になってきます。


職場の人間関係で揉めた、仕事にやりがいを感じなくなった、看護観が違うなど、
退職した理由は色々ありますが、辞めてしまった現実を受け入れ、当時の自分を振り返りましょう。


病院側に瑕疵があったかもしれませんが、自分自身にも何らかの問題があったハズです。この現実を受け入れて、次はどう行動をすれば良いのかを考えましよう。


退職に至った理由を放置するのではなく、どう解決して前に進むか、これを、面接担当者に伝えると、あなたに対するイメージはかなり変わってくることでしょう。


そして、その病院を選んだ理由を明確に伝えましょう。転職回数の多い人の採用までのハードルは高いため、他の人よりもその病院を選んだ理由を、より明確かつ具体的に伝える必要があります。


マイナビ看護師は【満足度96.3%】の看護師転職支援サービスです。

葉酸の過剰摂取はNGです

妊娠初期の女性にとって葉酸は、胎児を健康に育てる効果があることから、厚生労働省から摂取がすすめられているほどですが、大量に摂取することによるリスクがあることも知っておくことが大切です。


葉酸を大量に摂取した場合のリスクとしては、妊婦自身が発熱や蕁麻疹を起こしてしまう、生まれた赤ちゃんがぜんそくにかかりやすくなってしまうなどのリスクがあることです。また、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にしてしまうリスクもあるといわれています。


このため、いくら体に良く、また、生まれてくる赤ちゃんの成長を助けるとは言っても、ただ無暗に大量に摂取すれば良いというものではありません。


妊娠を計画している女性に望ましい量は1日400μg、妊婦への推奨量は440μgです。葉酸400μgを摂るには、ほうれん草なら約200g、1把分に相当します。


決して少ない量ではありませんが、食材や献立、調理法を工夫し、葉酸たっぷりの食事を目指しましょう。葉酸をしっかり摂りたい方は、サプリメントなどを利用するのがベターかもしれません。


その際は、説明書に書いてある摂取方法を必ず守り、多量に摂りすぎないように注意しましょう。


「ベルタ葉酸サプリ」は【厚生労働省推奨】妊婦さんのための葉酸サプリです♪