害獣による家屋被害

害獣とは、被害を及ぼす原因となっている動物や種、その可能性がある動物や種を指します。


害獣は、野山に生息する野生の動物がほとんどですが、家庭菜園や庭先などに発生する糞尿等の被害は、飼い主の管理が行き届いていないペットが害獣になっていることもあります。


家屋被害は、害獣が家屋や家畜小屋に侵入することによって発生する被害です。


具体的には、天井が抜け落ちる、糞尿が溜まって異臭がする、ダニ・ノミが家屋に浸入する、配線が噛まれて停電する、屋根裏や軒下に巣を作って棲みつくなどがあります。


これまでは、被害を受ける家屋の多くは、森や山にある木造家屋でしたが、近年では都市部の環境にうまく溶け込んだ害獣による、都心部での家屋被害が増加して社会問題となっております。


特に、ハクビシン、タヌキ、アナグマ、イタチなどは、人が気づかない家屋の小さな穴や細い隙間から家屋に浸入してそこに棲みつき様々な被害が発生しております。


この内、アライグマは、本来日本には生息していない動物ですが、飼い主が放置したのが野生化して深刻な家屋被害を発生させているケースが増えております。


こうした害獣が屋根裏で巣を作って子育てを開始している時に、追い出そうとしてむやみに手を出してしまうと、防衛本能によって人間を噛んだり引掻かいたりする恐れがありますので危険です。


また、害獣の捕獲や駆除には特別な許可や資格が必要なため、被害を受けた場合は、専門家や害獣駆除業者に相談することをオススメします。


「害獣」や「衛生害虫」対策はコチラ