美肌に効果的な6つの美容成分

美容によいとされる代表的な成分は6つあります。まず、美肌成分の王様と言われるビタミンCは、抗酸化作用があり、メラニン生成の抑制効果も期待できますので、コラーゲンと同時に摂取するとより一層効果を発揮します。


コラーゲン繊維は、表皮の内側にあり皮膚を形成している、真皮の網目構造を作って形成しており、コラーゲンは、いわば肌の基礎となる物質です。

ただし、コラーゲンは飲めば肌のコラーゲンを補えるものではありません。摂取することによって、体内でアミノ酸に分解され、肌に必要なコラーゲンの原料となります。


エラスチンは、コラーゲン線維同士を結びつけて真皮を形成している、弾性線維ともよばれるたんぱく質です。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみの予防に役立ちます。


ヒアルロン酸は、真皮の60~80%を占める水分を抱え込む役割を果たしており、肌の内側にうるおいと柔軟性をもたらします。


プラセンタは、豚や動物の胎盤から抽出されるアミノ酸やタンパク質など含む美容成分です。美肌をサポートする成長因子が豊富で、美容全般に効果が期待できるため、エイジングケアや肌トラブルのサポートとして注目されております。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分で、ホルモンのサポートや抗酸化作用かあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸の生成においても活躍します。


【美容&コスメ】グッズ

コメントを残す