結婚相談所の種類と特長

結婚相談所は大手企業から個人経営まで全国に約5000社あるといわれてますが、サービスの仕組みから、大きく分けて次の3つのタイプに分かれます。


■結婚情報サービス型

全国に自前の支社を持ち、会員数が3~6万人と多く大々的な広告宣伝を行って全国規模で展開するもので、料金は2年分の40万円程度を前払いするところがほとんどです。


支援は、情報提供がメインで相性マッチングによる紹介、会員の自由検索、パーティ開催、セミナー開催など幅広いサービスを提供します。いずれにしても、出会いの機会を豊富に提供してくれるので、あとは自分の活動次第にかかっております。


オーネット、ツヴァイ、ノッツェ、サンマリエ、キューピットクラブがこれに該当します。


■ 連盟・フランチャイズ型


昔ながらの小さな結婚相談所です。大きなネットワークに加盟するか、または、フランチャイズとして傘下となっているケースが多く、会員情報を互いにシェアしております。

 料金は5~10万円程度の入会金を前払いし、後は、成婚時に30万円程度の成婚料を払うところが多いようです。
相談員と一緒にプロファイルを使って相手を探し、お見合いをして翌日には交意思の返事を出すというルールがあります。


また、交際3ヶ月で結婚するか否かを決めなければならないところももあり、出会いの機会ではなく 「結婚相手」 を見つけてくれるといった感覚のため、その成果は、相談員の腕に頼るところ大です。


日本ブライダル連盟、全国ブライダル連盟、NNR日本仲人連盟、アクティブクラブがこのタイプです。


■インターネット型


インターネットでのサービス提供がメインで、相性マッチングによる紹介やアドバイザーの手助けが無いだけ、費用は1/10程度で済みます。とりあえず結婚相談所がどんなものか試したい場合や、恋愛力に自信をある人向けでしょう。


ブライダルネット、プレマリがこのタイプです。


「ブライダルネット」は【Yahooが100%完全出資】の格安で信頼の結婚相談所!!

コメントを残す