妊娠中の強い睡魔の原因は

妊娠すると、我慢できないほどの強力な睡魔に襲われることがあります。つわり中の妊娠初期に集中する人もいれば、出産までずっと悩まされる人もいます。


強い睡魔に襲われるのは、妊娠初期が多いようです。特に、つわりに苦しむときは肉体的にも精神的にも疲労が溜まりやすいため、普段以上に体が休息を求めます。


しかし、つわりの軽い妊婦や、安定期に入った妊婦も強い睡魔に悩まされることがありますので、妊娠月数やつわりに関係なく強い睡魔はやってくるのです。


この睡魔の特徴は、普通であれば、軽いストレッチなどによる眠気対策がまったく効かないことです。


妊娠中の睡魔の特徴は、毎日、同じような時間帯に眠くなることです。夜になると自然に眠くなっていたのに、昼食後や夕方にも強い睡魔を感じるようになりがちです。


就寝時間とは別の決まった時間に眠くなると、仕事中に眠くなったり、長時間の車の運転中に眠くなったりします。


我慢できない眠気の原因は、ホルモン変化が影響しています。妊娠すると体の中に分泌されるホルモンは劇的に変化します。


特に、子宮の状態を維持して赤ちゃんの成長を促すプロゲステロンは、欠かせない女性ホルモンですが、肌荒れや精神的な不安定を引き起こしたり、妊娠中の体を守ろうとして眠気を起こさせるのです。


西川リビングの【はっぴーマム】は妊婦さんの悩みや負担を軽減♪

コメントを残す