過去と現在のSEOの違い

かつての検索エンジンは、アルゴリズムや評価が単純だったため、SEOテクニックだけで上位表示が可能でした。その代表例が被リンクを大量に貼ることでした。たとえ、低品質なサイトのリンクであっても、被リンクの多いサイトの方が高く評価されておりました。


現在でも、被リンクは評価には不可欠のものですが、Googleの被リンクの評価要素の位置付けは変わってきており、過去には有効なSEOであっても、評価の内容が現在の状況に合わせて変化したり、現在は評価されていないものや、逆に評価を下げる可能性が高いものもあります。

SEOは、サイトに集客するための手段のひとつですが、Yahoo!やGoogleは、検索エンジンを利用しているため、SEOとはGoogle対策をすることを意味します。

そして、Googleは「検索エンジン最適化スターターガイド」や、「検索ランキングの最重要2要素」を公開しております。

これは、SEO対策の基本中の基本ですが、その2本柱となるのが、Googleガイドラインに沿ったリンク対策と検索ユーザー目線の良質なコンテンツ対策です。

Googleはユーザーにとって有益な検索結果を表示するために、アルゴリズムを更新していますが、所詮、ロボット(プログラム)です。

このため、人間には評価できても、検索エンジンには評価できない場合もあり得ますので、これを補うのがリンクです。

検索ユーザーと検索エンジン、どちらにも、サイト内容がわかりやすくなるようにSEOをすることは、Googleが価値のあるサイトとして検索結果に表示させるために必要なことなのです。


松尾茂起の【賢威6.2】は、SEOに強い戦略的テンプレートです♪

コメントを残す