認知症とは

高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。
高齢化社会の到来とともに、日本では認知症という言葉がマスコミを賑わしております。65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症として診断されているといわれます。
これには予備軍の人は含まれていませんから、近い将来的には、確実にさらなる認知症患者が増えることが十分予想されます。
人間だれでも年をとってくると、徐々に体の中の様々な部位にある細胞が死滅し始めてきます。あるいは、死滅とまではいかなくても、細胞の働きが悪くなってくるため、体が弱くなったり機能が低下してきます。
特に、脳にはたくさんの細胞がありますから、これらの細胞が衰えてくると記憶や判断力が乏しくなってきます。
ここでいう認知症というのは、意識障害がなく、記憶障害や判断力に障害が起こり、それが社会生活や対人関係に半年以上影響をおよぼしている状態を指します。
なお、うつ病にも似たような症状が起こることがありますが、認知症ではうつ病ではないものをいいます。
認知症は段階を追って進行するものですから、予備軍の人も加えれば4人に1人は認知症に似た症状が出ているとも考えられます。
この予備軍の人が必ずしも認知症になるとは限らないとはいえ、日常生活の些細なことがきっかけであっという間に認知症になってしまうこともあり、高齢者がいる家族の心配は尽きることがありませんよね。

「記憶の素 極」で知的機能を維持・改善し認知症を予防

コメントを残す