タグ別アーカイブ: タマネギ

滋養強壮の食料としてのタマネギ

タマネギは、昔から薬効のある野菜として知られています。古代エジプトでは、ピラミッド建設に従事した労働者たちにとって滋養強壮の食料として栽培されていたという記録もあるそうです。


また、ヨーロッパでも、長寿薬として、また発汗・殺菌・利尿剤などとして使われていたと言います。漢方でも、消化促進、咳や痰を鎮め、利尿などの効果があるとされています。


タマネギには、ビタミンB1、B2、C、カリウムなどの栄養素や、近年注目されている抗酸化成分が含まれています。


またタマネギには、フラクトオリゴ糖が多く含まれているため、炒めると甘味がでます。このオリゴ糖は腸内で善玉菌の働きを助け、便秘の予防・改善等、腸内環境を整える働きがあります。


そして、タマネギ独特の辛み成分である、硫化アリルは、代謝を促し疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を促す、また血行をよくするなどの作用があります。


タマネギの外皮は、黄色の色素であるケルセチンという成分を含んでいます。

このケルセチンは、ポリフェノールに属するフラボノイドの一種で、強い抗酸化作用があるため動脈硬化を防ぐ働きがあると言われていいます。


精力増強サプリ「ペプチア」はW特許&泌尿科専門医師監修