タグ別アーカイブ: 抗酸化作用

活性酸素と抗酸化作用

活性酸素は、年齢を問わず誰でも体内で生成されている物質で、細胞内で酸素を使って栄養分を燃やして栄養分をエネルギー変換するときに同時に生成されるため、呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。


活性酸素は「善玉」と「悪玉」の2つに区分され、悪玉活性酸素は、過剰に蓄積すると人間に害を及ぼします。

悪玉活性酸素は酸化力が非常に強いため、細胞や組織を酸化させます。酸化した細胞や組織は、働きの低下が起こり、場合によっては、細胞や組織が破壊されてしまうこともあります。

しかし、人間は活性酸素除去能力(抗酸化機能)を持っています。それは、活性酸素を除去する酵素「SOD酵素」が体内にあるのです。

こうした酵素の働きは年齢とともに低下して、40代になると急激に衰えはじめるのです。それは、20代の頃に比べると、「SOD酵素」の能力は50%以下まで低下すると言われています。

このため、40代は悪玉活性酸素の影響を受けやすく、細胞や組織の酸化による損傷や破壊により、ガンや生活習慣病、老化などが起こりやすくなるのです。

活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある物質は、水素以外にもポリフェノール、β-カロテン、ビタミンC、カテキンなどがあります。

「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度を実現したサプリです。